松田医薬品株式会社/Matsuda phamaceuticals

ペットの健康食品

犬・猫用/動物病院専売品 動物用ユーグレナ
関節プラス ユーグレナは、必須アミノ酸をはじめ59種類の栄養成分を含んでいます。

  • 内容量/36g(400mg×90粒)
  • 原材料/ユーグレナグラシリス、鶏軟骨抽出物末(㈼型コラ−ゲン含有)、乳酸菌、グルコサミン(エビ・カニ由来)、セルロース、V.C、ショ糖脂肪酸エステル、微粒酸化ケイ素、甘味料(アセスラファムK)(原材料の一部にゼラチンを含む)
  • 給与の目安/犬・猫の体重に応じて、1日量として、下記を目安に直接与えるか、食餌に混ぜて与えてください。
体重5kg迄10kg迄20kg迄40kg迄
1日分 1・2粒 2・3粒 3〜6粒 6〜9粒

ユーグレナ(ミドリムシ)って?

ユーグレナは虫ではありません

ユーグレナは虫ではありません。ユーグレナは、和名をミドリムシといい、5億年以上前の原始の地球に誕生した微生物です。動物と植物両方の性質を併せもち、人間の生活に必要な栄養素をバランス良く含んでいます。また、健康と美容への効果が期待される独自成分「パラミロン」(β-1.3-グルカンの高分子体)を約20〜30%含んでおり、その働きが注目を集めています。

ユーグレナ 石垣島屋外培養プール

世界に先駆けて、
石垣島での大量培養に成功

2005年、東京大学を中心とした研究により、沖縄県石垣島にて、世界で初めて食品としての大量培養に成功しました。ユーグレナの生育に欠かせない、澄んだ空気、きれいな水、豊富な太陽光という条件が揃っている理想的な環境で、ユーグレナの生育は行われています。

こんなペットにおすすめ
●いつまでも元気にいてほしい
●食べ過ぎが気になる
●運動不足

ペットのメタボ事情

ペットブームの今、ペットは家族の一員として位置づけられる一方、ペットの高齢化が進み、運動不足・肥満それに伴う生活習慣病など、人間と同じ疾病をもつペットが増加し、肥満予備軍も含め「肥満」が「万病のもと」と言われています。

肥満が原因と思われる病気

犬
猫
  • 関節炎
  • 内分泌疾患
  • 疾患
  • 皮膚疾患
  • 内分泌疾患
  • 肝疾患
  • 泌尿器系疾患
  • 心疾患

寿命と健康期

近年、獣医学界では、「ヘルス・スパン」という用語に注目が集まっています。直訳すると「健康な期間」。ペットの一生のうち、身体機能が健全に保たれ、いきいきとした日々を送れる期間を指す言葉です。

ヘルス・スパン(健康期)とライフ・スパン(寿命)が
限りなくイコールに近づくのが理想

動物用ユーグレナ関節プラスの特徴

要らないものを洗い流す、トリプルパワーでカラダ大掃除

人と同じく、ペットも毎日の生活の中で知らず知らずのうちに身体の中に不調のモトになる有害物質を溜め込んでいます。人にくらべて身体の小さな犬、猫にとってこれらは人以上に深刻な問題です。要らないものを出すということは、すべての健康法の第一歩です。

パラミロン

ユーグレナだけがもつ独自性分「パラミロン」は、β-1.3-グルカンが凝縮された塊です。表面には無数の小さな穴が開いており、吸油性.吸水性に優れています。また、食物繊維のように難消化性のため、そのまま出ていきます。

クロロフィル

クロロフィル(葉緑素)は、ホウレン草やワカメまどの植物に含まれる緑色の色素です。食物繊維の数千分の1という小ささであるこの物質には、有害物質やダイオキシンを吸着する働きが期待されています。

含硫アミノ酸

ユーグレナは、犬の必須アミノ酸をすべて含んでいます。中でも含硫アミノ酸であるメチニオンやシステインは、重金属を挟み込んで排出する構造が特徴です。

天然のバランスで整える、59種類もの天然栄養素を含有

ビタミン・ミネラル・アミノ酸をはじめ、DHA・EPAなどの栄養素をバランスよく含むユーグレナ。摂りやすい状態で、バランスよく含有しているから、乱れたバランスを根本から整えるのに最適です。

 

59種類の天然栄養素

吸収率は93.1%以上
ミドリムシは硬い細胞壁を持たないので、野菜などの植物細胞と比べ、効率よく栄養が吸収できます。

ペットの関節にうれしい、サポート成分

グルコサミン・コンドロイチン

グルコサミンは、新しい軟骨の形成を促し、コンドロイチンは、軟骨成分の水分吸収を促進するとともに、軟骨基質を正常化し、細胞レベルで症状を改善していきます。るのに最適です。

㈼型コラーゲン

Ⅱ型コラ−ゲンは、関節にもっとも必要な成分です。Ⅰ型コラ−ゲンは皮膚や骨に、Ⅱ型コラ−ゲンは軟骨に多く含まれています。ビタミンCを配合することで、Ⅱ型コラ−ゲンの吸収を促進します。

乳酸菌との
コラボレーション

牛乳とユーグレナを用いた、乳酸菌に対する効果を検証。オリゴ糖と比べて、より乳酸菌を元気にする効果が確認されました。